フォーカス移動

このサンプルでは数値コントロールのフォーカス制御を設定でき、矢印キーやEnterキーでフォーカスを移動する方法を示しています。また、自動フォーカスをONに設定すると、入力完了時に自動的に次のコントロールへフォーカスを移動します。

数値コントロールではフォーカス制御に関する様々な機能を搭載しています。 矢印キーによるフォーカス移動 setExitOnLeftRightKeyメソッドを使用すると、キャレットがコントロール内のテキストの最初または最後の文字上にある状態で、[→]、[←]、または[Ctrl]+[→]、[Ctrl]+[←]の各キーを押したときに、フォーカスを前後のコントロールに移動することができます。setExitOnLeftRightKeyメソッドに設定できる値は次のとおりで、既定値はExitOnLeftRightKey.Noneです。 値 説明 None 矢印キーを使ってフォーカスを移動することはできません。 Left キャレットが入力中のテキストの左端にあるときに[←]キーまたは[Ctrl]+[←]キーを押すと、フォーカスは1つ前のコントロールに移動します。 Right キャレットが入力中のテキストの右端にあるときに[→]キーまたは[Ctrl]+[→]キーを押すと、フォーカスは次のコントロールに移動します。 Both 「Left」と「Right」の両方の機能を使用できます。 フィールド間の移動 数値コントロールの表示領域は、通常、リテラル文字列と入力フィールドの2種類に分かれています。 数値コントロールのナビゲーションや選択などの操作は、リテラル文字列と入力フィールドの位置関係による影響を受けます。 Enterキーによるフォーカス移動 setExitOnEnterKeyメソッドを使用すると、[Shift]+[Enter]、[Enter]の各キーを押したときに、フォーカスを前後のコントロールに移動することができます。setExitOnEnterKeyメソッドに設定できる値は次のとおりで、既定値はExitKey.Noneです。 ExitKeyの値 説明 None Enterキーを使ってフォーカスを移動することはできません。 ShiftEnter [Shift]+[Enter]キーを押すと、フォーカスは1つ前のコントロールに移動します。 Enter [Enter]キーを押すと、フォーカスは次のコントロールに移動します。 Both 「ShiftEnter」と「Enter」の両方の機能を使用できます。
import '@grapecity/inputman/CSS/gc.inputman-js.css'; import { InputMan } from '@grapecity/inputman'; InputMan.appearanceStyle = InputMan.AppearanceStyle.Modern; const gcNumber1 = new InputMan.GcNumber(document.getElementById('gcNumber1')); const gcNumber2 = new InputMan.GcNumber(document.getElementById('gcNumber2')); const gcNumber3 = new InputMan.GcNumber(document.getElementById('gcNumber3')); // 矢印キーによるフォーカス移動 document.getElementById('setExitOnLeftRightKey').addEventListener('change', (e) => { gcNumber1.setExitOnLeftRightKey(exitOnLeftRightKeys[e.target.selectedIndex]); gcNumber2.setExitOnLeftRightKey(exitOnLeftRightKeys[e.target.selectedIndex]); gcNumber3.setExitOnLeftRightKey(exitOnLeftRightKeys[e.target.selectedIndex]); }); const exitOnLeftRightKeys = [ InputMan.ExitOnLeftRightKey.None, InputMan.ExitOnLeftRightKey.Both, InputMan.ExitOnLeftRightKey.Left, InputMan.ExitOnLeftRightKey.Right ]; // Enterキーによるフォーカス移動 const ExitKeys = [ InputMan.ExitKey.None, InputMan.ExitKey.Both, InputMan.ExitKey.Enter, InputMan.ExitKey.ShiftEnter ]; document.getElementById('setExitOnEnterKey').addEventListener('change', (e) => { gcNumber1.setExitOnEnterKey(ExitKeys[e.target.selectedIndex]); gcNumber2.setExitOnEnterKey(ExitKeys[e.target.selectedIndex]); gcNumber3.setExitOnEnterKey(ExitKeys[e.target.selectedIndex]); });
<!DOCTYPE html> <html> <head> <meta charset="UTF-8"> <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0"> <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="ie=edge"> <title>数値コントロール - フォーカス移動</title> <!-- SystemJS --> <script src="node_modules/systemjs/dist/system.src.js"></script> <script src="systemjs.config.js"></script> <script> System.import('./src/app'); </script> </head> <body> <input id="gcNumber1" tabindex="1"><br> <input id="gcNumber2" tabindex="2"><br> <input id="gcNumber3" tabindex="3"><br> <table class="sample"> <tr> <th>矢印キーによるフォーカス移動</th> <td> <select id="setExitOnLeftRightKey"> <option>なし</option> <option>両方</option> <option>左</option> <option>右</option> </select> </td> </tr> <tr> <th>Enterキーによるフォーカス移動</th> <td> <select id="setExitOnEnterKey"> <option>なし</option> <option>両方</option> <option>Enter</option> <option>Shift+Enter</option> </select> </td> </tr> </table> </body> </html>
System.config({ transpiler: 'plugin-babel', babelOptions: { es2015: true }, meta: { '*.css': { loader: 'css' } }, paths: { // paths serve as alias 'npm:': 'node_modules/' }, // map tells the System loader where to look for things map: { '@grapecity/inputman': 'npm:@grapecity/inputman/index.js', '@grapecity/inputman/CSS': 'npm:@grapecity/inputman/CSS', 'css': 'npm:systemjs-plugin-css/css.js', 'plugin-babel': 'npm:systemjs-plugin-babel/plugin-babel.js', 'systemjs-babel-build': 'npm:systemjs-plugin-babel/systemjs-babel-browser.js' }, // packages tells the System loader how to load when no filename and/or no extension packages: { src: { defaultExtension: 'js' }, "node_modules": { defaultExtension: 'js' }, } });