[]
        
(Showing Draft Content)

スプレッドシート:数式

FlexSheetコントロールは、次の関数をサポートします。

abs

数値の絶対値を返します。

acos

数値の逆余弦を返します。

and

引数のすべてがTRUEの場合に、TRUEを返します。

asin

数値の逆正弦を返します。

atan

数値の逆正接を返します。

atan2

XおよびY座標から逆正接を返します。

average

引数の平均値を返します。

ceiling

数値を最も近い整数または最も近い基準値の倍数に切り上げます。

char

コード番号で指定された文字を返します。

choose

値のリストから値を選択します。

code

テキスト文字列の最初の文字の数値コードを返します。

column

参照の列番号を返します。

columns

参照内の列の数を返します。

concat

複数のテキストアイテムを1つのテキストアイテムに結合します。

concatenate

複数のテキスト項目を1つのテキスト項目に結合します。

cos

数値の余弦を返します。

count

引数リストに含まれる数値の個数を返します。

counta

引数リストに含まれる値の個数を返します。

countblank

範囲内に含まれる空白セルの個数を返します。

countif

範囲内に含まれる特定の基準を満たすセルの個数を返します。

countifs

範囲内に含まれる複数の条件を満たすセルの個数を返します。

date

特定の日付のシリアル値を返します。

datediff

2つの日付の間の日数、月数、または年数を計算します。

day

シリアル値を月の日付に変換します。

dcount

データベース内の数値を含むセルをカウントします。

exact

2つのテキスト文字列を比較し、まったく同じ場合はTRUEを返し、それ以外の場合はFALSEを返します。

exp

eを底とする数値のべき乗を返します。

false

論理値FALSEを返します。

find

テキストから別のテキスト値を検索します(大文字と小文字は区別されます)。

floor

数値を0に近い方に切り捨てます。

hlookup

配列の先頭の行を検索し、示されたセルの値を返します。

hour

シリアル値を時間に変換します。

if

論理テストの実行を指定します。

iferror

数式がエラーと評価された場合に指定した値を返します。 それ以外の場合は、数式の結果を返します。

isblank

値が空のセルを参照しているかどうかを確認します。

iserr

値が#N/Aを除くエラー(#VALUE!, #REF!, #DIV/0!, #NUM!, #NAME?, #NULL!)かどうかを調べ、TRUEまたはFALSEを返します。

iserror

値がエラー(#N/A, #VALUE!, #REF!, #DIV/0!, #NUM!, #NAME?, #NULL!)かどうかを調べ、TRUEまたはFALSEを返します。

index

インデックスを使用して、参照から値を選択します。

left

テキスト値の先頭から指定された数の文字を返します。

len

テキスト文字列の長さ(文字数)を返します。

ln

数値の自然対数を返します。

lower

テキストを小文字に変換します。

max

引数リスト内の最大値を返します。

mid

テキスト文字列の指定された位置から、指定された数の文字を返します。

min

引数リスト内の最小値を返します。

mod

剰余を返します。

month

シリアル値を月に変換します。

not

引数のロジックを反転させます。

now

日付と時刻としてフォーマットされた現在の日付と時刻を返します。

or

いずれかの引数がTRUEの場合に、TRUEを返します。

pi

πの値を返します。

power

数値のべき乗を返します。

product

引数を乗算します。

proper

テキスト値の各単語の先頭の文字を大文字に変換します。

rand

0~1の間の乱数を返します。

rank

数値リスト内の数値のランクを返します。

rate

期間の年利を返します。

replace

テキスト内の文字を置換します。

rept

テキストを指定された回数だけ繰り返します。

right

テキスト値の末尾から指定された数の文字を返します。

round

数値を指定された桁数に丸めます。

rounddown

数値を0に近い方に切り捨てます。

roundup

数値を0から遠い方に切り上げます。

row

参照の行番号を返します。

rows

参照内の行の数を返します。

search

テキストから別のテキスト値を検索します(大文字と小文字は区別されません)。

sin

指定された角度の正弦を返します。

sqrt

正の平方根を返します。

stdev

標本標準偏差を返します。

stdevp

母集団標準偏差を返します。

substitute

テキスト文字列内の指定されたテキストを新しいテキストに置換します。

subtotal

リストまたはデータベースの小計を返します。

sum

引数を合計します。

sumif

指定された条件に合致するセルを加算します。

sumifs

範囲内に含まれる複数の条件を満たすセルを加算します。

sumproduct

指定された配列内の対応する項どうしを乗算し、それらの積の合計を返します。

tan

数値の正接を返します。

text

数値を書式設定し、テキストに変換します。

time

特定の時刻のシリアル値を返します。

today

日付としてフォーマットされた現在の日付を返します。

trim

テキストからスペースを削除します。

true

論理値TRUEを返します。

trunc

数値を整数に切り捨てます。

upper

テキストを大文字に変換します。

value

テキスト引数を数値に変換します。

var

標本分散を返します。

varp

母集団分散を返します。

vlookup

配列の最初の列を検索し、指定されたセルの値を返します。

year

シリアル値を年に変換します。