[]
        
(Showing Draft Content)

Inputman.GcDateTime

GcDateTime クラス

日付時刻コントロールを定義します。

階層

コンストラクタ

プロパティ

メソッド

イベント

コンストラクタ

constructor

  • 引数

    • inputEl: HTMLInputElement

      コントロールをホストするHTML入力要素

    • オプション config: GcDateTimeConfig

      GcDateTimeコントロールを初期化するときに設定するプロパティ設定

    戻り値 GcDateTime

プロパティ

AMDesignator

AMDesignator: string

「午前」を表す文字列を設定または取得します。

参照:setAMDesignator

PMDesignator

PMDesignator: string

「午後」を表す文字列を設定または取得します。

参照:setPMDesignator

acceptsCrlf

acceptsCrlf: CrLfMode

文字列をコピー、切り取り、および貼り付けるときに改行コード(CrLf文字)をどのように処理するかを示す値を設定または取得します。

参照:setAcceptsCrlf

adjustValueOnFocus

adjustValueOnFocus: boolean

範囲外の値をコントロールがフォーカスを持っているときに調整するかどうかを取得します。

参照:setAdjustValueOnFocus

allowSpin

allowSpin: boolean

スピン機能の有効または無効を設定または取得します。

参照:setAllowSpin

autoDropDown

autoDropDown: boolean

コントロールがフォーカスを取得すると、自動的にドロップダウンを開くかどうかを設定します。

参照:setAutoDropDown

autoScale

autoScale: boolean

テキストが入力幅から見きれてしまうときに、テキストを入力幅に合わせて縮小するかどうかを設定します。

参照:setAutoScale

clipContent

clipContent: ClipContent

データをクリップボードにコピーする方法を設定または取得します。

参照:setClipContent

読み取り専用 componentName

componentName: string

コンポーネントの名称を取得します。例:'GcTextBox', 'GcNumber', 'GcMask'

container

container: HTMLElement

コントロールを配置しているコンテナを設定します。コントロールの下部にドロップダウンを表示するために十分なスペースがあるかどうかをチェックし、ドロップダウンを反転してコントロールの上部に表示するかどうかを決定します。

参照:setContainer

copiedMessage

copiedMessage: string

コピーボタンを押下した後にツールチップで表示するテキストを設定もしくは取得します。

copyMessage

copyMessage: string

コピーボタンのマウスオーバーでツールチップで表示するテキストを設定もしくは取得します。

読み取り専用 currentField

currentField: DateCursorPosition

現在のフィールドの位置を取得します。

参照:getCurrentField

cursorPosition

cursorPosition: DateCursorPosition

フォーカスを受け取ったときにキャレットを配置するフィールドを指定する値を設定または取得します。

参照:setCursorPosition

displayFormatPattern

displayFormatPattern: string

コントロールがフォーカスを持っていないときに表示される日付時刻の入力書式を設定または取得します。

参照:setDisplayFormatPattern

読み取り専用 displayText

displayText: string

コントロールがフォーカスを持っていないときに表示される文字列を取得します。

参照:getDisplayText

displayWatermarkEmptyEraText

displayWatermarkEmptyEraText: string

コントロールにフォーカスがなく、その値が和暦表示できない場合に代わりに表示されるテキストを設定または取得します。

参照:setDisplayWatermarkEmptyEraText

dropDownButtonVisible

dropDownButtonVisible: boolean

ドロップダウンボタンを動的に表示または非表示するかどうかの値を設定します。

参照:setDropDownButtonVisible

読み取り専用 dropDownCalendar

dropDownCalendar: GcDropDownCalendar

日付時刻コントロールのドロップダウンカレンダーを取得します。

参照:getDropDownCalendar

読み取り専用 dropDownWindow

dropDownWindow: IDropDownContainer

このコントロールのドロップダウンウィンドウを取得します。ドロップダウンがない場合は undefined を返し、複数のドロップダウンがある場合は最後のドロップダウンを返します。

参照:getDropDownWindow

editMode

editMode: EditMode

コントロールの編集モードを設定または取得します。

参照:setEditMode

enabled

enabled: boolean

コントロールやオブジェクトを有効にするかどうかを示す値を取得または設定します。

参照:getEnabled 参照:setEnabled

exitOnEnterKey

exitOnEnterKey: ExitKey

フォーカスの移動方法を変更します。

参照:setExitOnEnterKey

exitOnLastChar

exitOnLastChar: boolean

コントロールへの入力が終了したときに、自動的に次のコントロールへフォーカスを移動するかどうかを設定または取得します。

参照:setExitOnLastChar

exitOnLeftRightKey

exitOnLeftRightKey: ExitOnLeftRightKey

矢印キーを使ったフォーカスの移動方法を設定または取得します。

参照:setExitOnLeftRightKey

floatingLabelDirection

floatingLabelDirection: FloatingLabelDirection

フローティングラベルの表示方向を設定もしくは取得します。

floatingLabelText

floatingLabelText: string

フローティングラベルの表示テキストを設定もしくは取得します。

floatingLabelType

floatingLabelType: FloatingLabelType

フローティングラベルの表示パターンを設定もしくは取得します。

fontSize

fontSize: number

コントロールフォントサイズを設定もしくは取得します。

formatPattern

formatPattern: string

日付時刻の入力書式を設定を設定または取得します。

参照:setFormatPattern

height

height: number | string

コントロールの高さを設定もしくは取得します。

helpContent

helpContent: string

ヘルプボタンのマウスオーバーでツールチップで表示するテキストを設定もしくは取得します。

highlightText

highlightText: HighlightText

コントロールがフォーカスを受け取ったときに、テキストを選択するかどうかを設定または取得します。

参照:setHighlightText

hour12Mode

hour12Mode: Hour12Mode

12時間の範囲を定義する値を設定または取得します。

参照:setHour12Mode

読み取り専用 isOverwrite

isOverwrite: boolean

現在の編集モードが上書きに設定されているかどうかを取得します。

参照:getIsOverwrite

maxDate

maxDate: Date | string

択可能な日付の最大値を設定または取得します。

参照:setMaxDate

maxHeight

maxHeight: number | string

コントロールの最大高を設定もしくは取得します。

maxMinBehavior

maxMinBehavior: MaxMinBehavior

値が範囲外の場合にその値をどのように制御するかを設定または取得します。

参照:setMaxMinBehavior

maxWidth

maxWidth: number | string

コントロールの最大幅を設定もしくは取得します。

midnightAs24

midnightAs24: boolean

真夜中の表示方法を設定または取得します。

参照:setMidnightAs24

minDate

minDate: Date | string

選択可能な日付の最小値を設定または取得します。

参照:setMinDate

minHeight

minHeight: number | string

コントロールの最小高を設定もしくは取得します。

minScaleFactor

minScaleFactor: number

テキストを縮小するときの最小倍率を設定します。

参照:setMinScaleFactor

minWidth

minWidth: number | string

コントロールの最小幅を設定もしくは取得します。

number

number: number | string

日付の値を長整数型で取得または設定します。

参照:getNumber 参照:setNumber

promptChar

promptChar: string

フィールドに何も入力されていないときに表示するプロンプト文字を設定または取得します。

参照:setPromptChar

readOnly

readOnly: boolean

コントロールを読み取り専用モードにするかどうかを取得または設定します。

参照:getReadOnly 参照:setReadOnly

selectedText

selectedText: string

選択されているテキストの文字列を取得または設定します。

参照:getSelectedText 参照:setSelectedText

selectionLength

selectionLength: number

選択するテキストの文字数を取得または設定します。

参照:getSelectionLength 参照:setSelectionLength

selectionStart

selectionStart: number

選択されたテキストの開始点を取得または設定します。

参照:getSelectionStart 参照:setSelectionStart

showClearButton

showClearButton: boolean

クリアボタンを表示するかどうかを設定します。

参照:setShowClearButton

showCopyButton

showCopyButton: boolean

コピーボタンを表示するかどうかを設定もしくは取得します。

showHelpButton

showHelpButton: boolean

ヘルプボタンを表示するかどうかを設定もしくは取得します。

showLiterals

showLiterals: ShowLiterals

入力中にリテラル文字列を表示するかどうかを設定または取得します。

参照:setShowLiterals

spinButton

日付時刻コントロールにスピンボタンを追加します。

参照:addSpinButton

spinIncrement

spinIncrement: number

スピンアクション時の値の増減量を設定または取得します。

参照:setSpinIncrement

spinOnKeys

spinOnKeys: boolean

[↑]キーまたは[↓]キーの押下による値の増減を行うかどうかをを設定または取得します。

参照:setSpinOnKeys

spinWheel

spinWheel: boolean

マウスホイールを使用してスピン動作を許可するかどうかを設定または取得します。

参照:setSpinWheel

spinWrap

spinWrap: boolean

スピン機能を使った値の増減を有効範囲内でループさせるかどうかを設定または取得します。

参照:setSpinWrap

tabAction

tabAction: TabAction

[Tab]キーをコントロール間またはフィールド間のどちらのフォーカス移動に使用するかを設定または取得します。

参照:setTabAction

tabIndex

tabIndex: number

コントロールのtabIndexを取得または設定します。

text

text: string

コントロールの現在のテキストを取得または設定します。

参照:getText 参照:setText

twoDigitYearMax

twoDigitYearMax: number

西暦2桁入力時の有効期間(100年間)の最後の年を設定または取得します。

参照:setTwoDigitYearMax

useClipboard

useClipboard: boolean

クリップボードアクセスすることを許可するかどうかを取得または設定します。

参照:getUseClipboard 参照:setUseClipboard

useTwoDigitYearMax

useTwoDigitYearMax: boolean

西暦2桁入力時に、世紀を特定するためにsetTwoDigitYearMaxメソッドで設定した値を使用するかどうかを設定または取得します。

参照:setUseTwoDigitYearMax

validateMode

validateMode: ValidateMode

入力中にコントロールに適用される正当性検査モードを取得または設定します。

参照:setValidateMode

value

value: Date | string

日付時刻コントロールの値を取得または設定します。

参照:getValue 参照:setValue

visible

visible: boolean

コントロールをページに表示するかどうかを示す値を設定します。

参照:setVisible

watermarkDisplayEmptyEraText

watermarkDisplayEmptyEraText: string

コントロールにフォーカスがなく、その値が和暦表示できない場合に代わりに表示されるテキストを設定または取得します。

参照:setWatermarkDisplayEmptyEraText

watermarkDisplayNullText

watermarkDisplayNullText: string

コントロールにフォーカスがなく未入力のときの代替テキストを設定または取得します。

参照:setWatermarkDisplayNullText

watermarkEmptyEraText

watermarkEmptyEraText: string

コントロールにフォーカスがあり、その値が和暦表示できない場合に代わりに表示されるテキストを設定または取得します。

参照:setWatermarkEmptyEraText

watermarkNullText

watermarkNullText: string

コントロールにフォーカスがあり未入力のときの代替テキストを設定または取得します。

参照:setWatermarkNullText

width

width: number | string

コントロールの幅を設定もしくは取得します。

メソッド

addDropDown

  • 日付時刻コントロールにドロップダウン(カレンダーまたは日付時刻ピッカー)を設定します。

    引数

    戻り値 void

addDropDownCalendar

  • 日付時刻コントロールにドロップダウンカレンダーを設定します。

    引数

    戻り値 void

addSpinButton

  • 日付時刻コントロールにスピンボタンを追加します。
    参照:spinButton

    引数

    戻り値 void

autoScaleText

  • autoScaleText(): void
  • テキストが入力幅から見きれてしまうときに、入力幅に合わせてテキストを調整します。

    戻り値 void

clear

  • clear(): void
  • コントロールの内容をクリアします。

    戻り値 void

createDropDown

  • ドロップダウンオブジェクトをInputManのコントロールに追加します。

    var gcTextBox = new GC.InputMan.GcTextBox(document.getElementById("input"));
    var gcTextBoxDropDown = gcTextBox.createDropDown(GC.InputMan.DropDownButtonAlignment.RightSide);
    var gcTextBoxDropDownList = new GC.InputMan.GcListBox(gcTextBoxDropDown.getElement(), {
    items:  ["item0", "item1", "item2", "item3", "item4", "item5", "item6", "item7"],
    });
    

    引数

    • オプション dropDownButtonAlignment: DropDownButtonAlignment

      ドロップダウンボタンの表示位置を設定します。

    • オプション showDropDown: boolean

    戻り値 IDropDownContainer

deselectAll

  • deselectAll(): void

doSpinDown

  • doSpinDown(param1?: number, param2?: number): void
  • スピン機能を使ってコントロールの値を減少します。

    引数

    • オプション param1: number

      パラメータが一つのとき:値の減少量 / パラメータが二つのとき:スピン対象のフィールド位置を表す値(DateCursorPosition 列挙体)。

    • オプション param2: number

      値の減少量。省略した場合は 1。

    戻り値 void

doSpinUp

  • doSpinUp(param1?: number, param2?: number): void
  • スピン機能を使ってコントロールの値を増加します。

    引数

    • オプション param1: number

      パラメータが一つのとき:値の増加量 / パラメータが二つのとき:スピン対象のフィールド位置を表す値(DateCursorPosition 列挙体)。

    • オプション param2: number

      値の増加量。省略した場合は 1。

    戻り値 void

getCurrentField

  • 現在のフィールドの位置を取得します。
    参照:currentField

    戻り値 DateCursorPosition

    現在のフィールドの位置を示す値(DateCursorPosition列挙体)。

getDisplayText

  • getDisplayText(): string
  • コントロールがフォーカスを持っていないときに表示される文字列を取得します。

    戻り値 string

    フォーカスを持っていないときに表示される文字列。

getDropDownCalendar

getDropDownWindow

  • このコントロールのドロップダウンウィンドウを取得します。ドロップダウンがない場合は undefined を返し、複数のドロップダウンがある場合は最後のドロップダウンを返します。
    参照:dropDownWindow

    戻り値 IDropDownContainer

    このコントロールのドロップダウンウィンドウを取得します。

getEnabled

  • getEnabled(): boolean
  • コントロールやオブジェクトを有効にするかどうかを示す値を取得します。
    参照:enabled

    戻り値 boolean

    有効にする場合はtrue、それ以外はfalse。

getIsOverwrite

  • getIsOverwrite(): boolean
  • 現在の編集モードが上書きに設定されているかどうかを取得します。

    戻り値 boolean

    上書きモードはtrue、挿入モードはfalse。

getLayoutElement

  • getLayoutElement(): HTMLElement
  • InputManのレイアウト要素を取得します。

    戻り値 HTMLElement

    InputManのレイアウト要素。この要素は通常、コントロールのサイズ設定に使用しますが、スタイル設定には使用しません。

getNumber

  • getNumber(): number
  • 日付の値を長整数型で取得します。
    参照:number

    戻り値 number

    日付の値の長整数型。

getOriginalInputElement

  • getOriginalInputElement(): HTMLInputElement | HTMLTextAreaElement

getReadOnly

  • getReadOnly(): boolean
  • コントロールを読み取り専用モードにするかどうかを取得します。
    参照:readOnly

    戻り値 boolean

    読み取り専用の場合はtrue、それ以外はfalse。

getSelectedText

  • getSelectedText(): string
  • 選択されているテキストの文字列を取得します。

    var gcTextBox1 = FindIMControl("gcTextBox1");
    gcTextBox1.setText("InputManJS");
    
    var start = 0;
    var length = 8;
    
    gcTextBox1.setSelectionStart(start);
    gcTextBox1.setSelectionLength(length);
    
    var selText = gcTextBox1.getSelectedText();
    alert(selText);
    

    戻り値 string

    選択されている文字列。

getSelectionLength

  • getSelectionLength(): number
  • 選択されたテキストの文字数を取得します。

    var gcTextBox1 = FindIMControl("gcTextBox1");
    gcTextBox1.setText("InputManJS");
    
    var start = gcTextBox1.getSelectionStart();
    var length = gcTextBox1.getSelectionLength();
    
    alert("選択開始位置:" + start + "\r\n" + "選択された文字数:" + length);
    

    戻り値 number

    選択されたテキストの文字数。

getSelectionStart

  • getSelectionStart(): number
  • 選択されたテキストの開始点を取得します。

    var gcTextBox1 = FindIMControl("gcTextBox1");
    gcTextBox1.setText("InputManJS");
    
    var start = gcTextBox1.getSelectionStart();
    var length = gcTextBox1.getSelectionLength();
    
    alert("選択開始位置:" + start + "\r\n" + "選択された文字数:" + length);
    

    戻り値 number

    開始点。

getText

  • getText(): string
  • コントロールの現在のテキストを取得します。

    戻り値 string

    コントロールのテキスト。

getUIInputElement

  • getUIInputElement(): HTMLInputElement | HTMLTextAreaElement
  • InputManのUIの入力要素を取得します。

    戻り値 HTMLInputElement | HTMLTextAreaElement

    InputManのUIの入力要素

getUseClipboard

  • getUseClipboard(): boolean
  • クリップボードにアクセスすることを許可するかどうかを設定します。

    戻り値 boolean

getValue

  • getValue(): Date | null
  • 日付時刻コントロールの値を取得します。

    戻り値 Date | null

getVisible

  • getVisible(): boolean
  • コントロールをページに表示するかどうかを示す値を取得します

    戻り値 boolean

selectAll

  • selectAll(): void

setAMDesignator

  • setAMDesignator(v: string): void
  • 「午前」を表す文字列を設定します。
    参照:AMDesignator

    引数

    • v: string

      「午前」を表す文字列。

    戻り値 void

setAcceptsCrlf

  • 文字列をコピー、切り取り、および貼り付けるときに改行コード(CrLf文字)をどのように処理するかを示す値を設定します。

    引数

    • v: CrLfMode

      改行コードの処理方法を示す値(CrLfMode列挙体)。

    戻り値 void

setAdjustValueOnFocus

  • setAdjustValueOnFocus(value: boolean): void
  • 範囲外の値をコントロールがフォーカスを持っているときに調整するかどうかを取得します。
    参照:adjustValueOnFocus

    引数

    • value: boolean

      入力中に値調整をする場合はtrue、それ以外はfalse。

    戻り値 void

setAllowSpin

  • setAllowSpin(v: boolean): void
  • スピン機能の有効または無効を設定します。
    参照:allowSpin

    引数

    • v: boolean

      有効の場合はtrue、それ以外はfalse。

    戻り値 void

setAutoDropDown

  • setAutoDropDown(v: boolean): void
  • コントロールがフォーカスを取得すると、自動的にドロップダウンを開くかどうかを設定します。
    参照:autoDropDown

    gcTextBox.setAutoDropDown(true);
    

    引数

    • v: boolean

      自動的にドロップダウンを開く場合はtrue、それ以外はfalse。

    戻り値 void

setAutoScale

  • setAutoScale(value: boolean): void
  • テキストが入力幅から見きれてしまうときに、テキストを入力幅に合わせて縮小するかどうかを設定します。
    参照:autoScale 参照:minScaleFactor

    引数

    • value: boolean

      テキストが入力幅から見きれてしまうときに、テキストを入力幅に合わせて縮小するかどうかを表す値

    戻り値 void

setClipContent

  • データをクリップボードにコピーする方法を設定します。
    参照:clipContent

    引数

    • v: ClipContent

      クリップボードにコピーする方法を示す値(ClipContent列挙体)。

    戻り値 void

setContainer

  • setContainer(el: HTMLElement): void
  • コントロールを配置しているコンテナを設定します。コントロールの下部にドロップダウンを表示するために十分なスペースがあるかどうかをチェックし、ドロップダウンを反転してコントロールの上部に表示するかどうかを決定します。
    参照:container

    gcTextBox.setContainer(div);
    

    引数

    • el: HTMLElement

      ドロップダウンの表示場所はデフォルトではブラウザ領域で決定されます。ポップアップなどのダイアログ領域内で使用する場合は、本引数にダイアログのコンテナ要素を指定します。

    戻り値 void

setCursorPosition

  • フォーカスを受け取ったときにキャレットを配置するフィールドを指定する値を設定します。
    参照:cursorPosition

    引数

    • v: DateCursorPosition

      フィールド位置を示す値(DateCursorPosition列挙体)。

    戻り値 void

setDisplayFormatPattern

  • setDisplayFormatPattern(v: string): void
  • 日付時刻の表示書式を設定します。
    参照:displayFormatPattern

    var gcDateTime1 = FindIMControl("gcDateTime1");
    gcDateTime1.setFormatPattern("yyyy年MM月dd日 HH:mm");
    gcDateTime1.setDisplayFormatPattern("ggge年M月d日 tt h:m");
    

    引数

    • v: string

      表示書式を示すキーワード。

    戻り値 void

setDisplayWatermarkEmptyEraText

  • setDisplayWatermarkEmptyEraText(v: string): void
  • コントロールにフォーカスがなく、その値が和暦表示できない場合に代わりに表示されるテキストを設定します。
    参照:displayWatermarkEmptyEraText

    引数

    • v: string

      和暦表示できない場合に代わりに表示されるテキスト。

    戻り値 void

setDropDownButtonVisible

  • setDropDownButtonVisible(value: boolean): void
  • ドロップダウンボタンを動的に表示または非表示にします。
    参照:dropDownButtonVisible

    gcTextBox.setDropDownButtonVisible(false);
    

    引数

    • value: boolean

      ドロップダウンボタンを表示する場合はtrue、非表示にする場合はfalse。

    戻り値 void

setEditMode

  • コントロールの編集モードを設定します。

    引数

    • v: EditMode

      編集モードを示す値(EditMode列挙体)。

    戻り値 void

setEnabled

  • setEnabled(v: boolean): void
  • コントロールやオブジェクトを有効にするかどうかを示す値を設定します。
    参照:enabled

    引数

    • v: boolean

      有効にする場合はtrue、それ以外はfalse。

    戻り値 void

setExitOnEnterKey

  • setExitOnEnterKey(value: ExitKey): void
  • フォーカスの移動方法を変更します。

    var gcTextBox1 = FindIMControl("gcTextBox1");
    gcTextBox1.setExitOnEnterKey(InputMan.ExitKey.Enter);
    

    引数

    戻り値 void

setExitOnLastChar

  • setExitOnLastChar(v: boolean): void
  • コントロールへの入力が終了したときに、自動的に次のコントロールへフォーカスを移動するかどうかを設定します。

    引数

    • v: boolean

      入力完了時に次のコントロールへフォーカスを移動する場合はtrue、それ以外はfalse。

    戻り値 void

setExitOnLeftRightKey

  • 矢印キーを使ったフォーカスの移動方法を設定します。

    引数

    • v: ExitOnLeftRightKey

      矢印キーを使ったフォーカスの移動方法を示す値 (ExitOnLeftRightKey列挙体)。

    戻り値 void

setFocus

  • setFocus(): void

setFormatPattern

  • setFormatPattern(v: string): void
  • 日付時刻の入力書式を設定します。
    参照:formatPattern

    var gcDateTime1 = FindIMControl("gcDateTime1");
    gcDateTime1.setFormatPattern("yyyy年MM月dd日 HH:mm");
    gcDateTime1.setDisplayFormatPattern("ggge年M月d日 tt h:m");
    

    引数

    • v: string

      入力書式を示すキーワード。

    戻り値 void

setHighlightText

  • コントロールがフォーカスを受け取ったときに、テキストを選択するかどうかを設定します。

    引数

    戻り値 void

setHour12Mode

  • 12時間の範囲を定義する値を設定します。
    参照:hour12Mode

    引数

    • v: Hour12Mode

      12時間の範囲を定義する値(Hour12Mode列挙体)。

    戻り値 void

setMaxDate

  • setMaxDate(v: Date | string): void
  • コントロールに入力可能な日付の最大値を設定します。
    参照:maxDate

    引数

    • v: Date | string

      入力可能な日付の最大値。

    戻り値 void

setMaxMinBehavior

  • 値が範囲外の場合にその値をどのように制御するかを設定します。
    参照:maxMinBehavior

    引数

    • v: MaxMinBehavior

      範囲外の値の制御方法を示す値(MaxMinBehavior列挙体)。

    戻り値 void

setMidnightAs24

  • setMidnightAs24(v: boolean): void
  • 真夜中の表示方法を設定します。
    参照:midnightAs24

    引数

    • v: boolean

      「24時」として表示と表示する場合はtrue、「0時」と表示する場合はfalse。

    戻り値 void

setMinDate

  • setMinDate(v: Date | string): void
  • コントロールに入力可能な日付の最小値を設定します。
    参照:minDate

    引数

    • v: Date | string

      入力可能な日付の最小値。

    戻り値 void

setMinScaleFactor

  • setMinScaleFactor(value: number): void

setNumber

  • setNumber(v: number | string): void
  • 日付の値を長整数型で設定します。
    参照:number

    引数

    • v: number | string

      日付の値の長整数型

    戻り値 void

setPMDesignator

  • setPMDesignator(v: string): void
  • 「午後」を表す文字列を設定します。
    参照:PMDesignator

    引数

    • v: string

      「午後」を表す文字列。

    戻り値 void

setPromptChar

  • setPromptChar(v: string): void
  • フィールドに何も入力されていないときに表示するプロンプト文字を設定します。
    参照:promptChar

    引数

    • v: string

      プロンプト文字。

    戻り値 void

setReadOnly

  • setReadOnly(v: boolean): void
  • コントロールを読み取り専用モードにするかどうかを設定します。
    参照:readOnly

    引数

    • v: boolean

      読み取り専用の場合はtrue、それ以外はfalse。

    戻り値 void

setSelectedText

  • setSelectedText(v: string): void
  • 選択するテキストの文字列を設定します。

    var gcTextBox1 = FindIMControl("gcTextBox1");
    gcTextBox1.setText("InputManJS");
    
    var start = 0;
    var length = 8;
    
    gcTextBox1.setSelectionStart(start);
    gcTextBox1.setSelectionLength(length);
    
    gcTextBox1.setSelectedText("Spread");
    

    引数

    • v: string

      選択するテキスト。

    戻り値 void

setSelectionLength

  • setSelectionLength(length: number): void
  • 選択するテキストの文字数を設定します。

    var gcTextBox1 = FindIMControl("gcTextBox1");
    gcTextBox1.setText("InputManJS");
    
    var start = 0;
    var length = 8;
    
    gcTextBox1.setSelectionStart(start);
    gcTextBox1.setSelectionLength(length);
    
    var selText = gcTextBox1.getSelectedText();
    alert(selText);
    

    引数

    • length: number

      選択するテキストの文字数。

    戻り値 void

setSelectionStart

  • setSelectionStart(start: number): void
  • 選択されたテキストの開始点を設定します。

    var gcTextBox1 = FindIMControl("gcTextBox1");
    gcTextBox1.setText("InputManJS");
    
    var start = 0;
    var length = 8;
    
    gcTextBox1.setSelectionStart(start);
    gcTextBox1.setSelectionLength(length);
    
    var selText = gcTextBox1.getSelectedText();
    alert(selText);
    

    引数

    • start: number

      開始点。

    戻り値 void

setShowClearButton

  • setShowClearButton(v: boolean): void
  • クリアボタンを表示するかどうかを設定します。

    引数

    • v: boolean

      クリアボタンを表示する場合はtrue、それ以外はfalse。

      参照:showClearButton

    戻り値 void

setShowLiterals

  • 入力中にリテラル文字列を表示するかどうかを設定します。
    参照:showLiterals

    引数

    • value: ShowLiterals

      リテラル文字の表示方法を示す値(ShowLiterals列挙体)。

    戻り値 void

setSpinIncrement

  • setSpinIncrement(v: number): void
  • スピンアクション時の値の増減量を設定します。
    参照:spinIncrement

    引数

    • v: number

      増減量。

    戻り値 void

setSpinOnKeys

  • setSpinOnKeys(v: boolean): void
  • [↑]キーまたは[↓]キーの押下による値の増減を行うかどうかを設定します。
    参照:spinOnKeys

    引数

    • v: boolean

      キーによる増減を行う場合はtrue、それ以外はfalse。

    戻り値 void

setSpinWheel

  • setSpinWheel(v: boolean): void
  • マウスホイールを使用してスピン動作を許可するかどうかを設定します。
    参照:spinWheel

    引数

    • v: boolean

    戻り値 void

setSpinWrap

  • setSpinWrap(v: boolean): void
  • スピン機能を使った値の増減を有効範囲内でループさせるかどうかを設定します。
    参照:spinWrap

    引数

    • v: boolean

      有効範囲内でループさせる場合はtrue、それ以外はfalse。

    戻り値 void

setTabAction

  • [Tab]キーをコントロール間またはフィールド間のどちらのフォーカス移動に使用するかを設定します。
    参照:tabAction

    引数

    • v: TabAction

      [Tab]キーの動作を示す値(TabAction列挙体)。

    戻り値 void

setText

  • setText(value: string): void
  • コントロールにテキストを設定します。

    引数

    • value: string

      コントロールのテキスト。

    戻り値 void

setTwoDigitYearMax

  • setTwoDigitYearMax(v: number): void
  • 西暦2桁入力時の有効期間(100年間)の最後の年を設定します。
    参照:twoDigitYearMax

    引数

    • v: number

      西暦2桁入力時の有効期間(100年間)の最後の年。

    戻り値 void

setUseClipboard

  • setUseClipboard(v: boolean): void
  • クリップボードにアクセスすることを許可するかどうかを設定します。

    引数

    • v: boolean

      アクセスを許可する場合はtrue、それ以外はfalse。

    戻り値 void

setUseTwoDigitYearMax

  • setUseTwoDigitYearMax(value: boolean): void
  • 西暦2桁入力時に、世紀を特定するためにsetTwoDigitYearMaxメソッドで設定した値を使用するかどうかを設定します。
    参照:useTwoDigitYearMax

    引数

    • value: boolean

      setTwoDigitYearMaxメソッドで設定した値を使用する場合はtrue、コントロールパネルの設定値を使用する場合はfalse。

    戻り値 void

setValidateMode

  • 入力中にコントロールに適用される正当性検査モードを取得または設定します。
    参照:validateMode

    引数

    • value: ValidateMode

      正当性検査モードを示す値(ValidateMode列挙体)。

    戻り値 void

setValue

  • setValue(v: Date | string): void
  • 日付時刻コントロールの値を設定します。

    引数

    • v: Date | string

    戻り値 void

setVisible

  • setVisible(v: boolean): void
  • コントロールをページに表示するかどうかを示す値を設定します。
    参照:visible

    引数

    • v: boolean

      表示する場合はtrue、それ以外はfalse。

    戻り値 void

setWatermarkDisplayEmptyEraText

  • setWatermarkDisplayEmptyEraText(value: string): void
  • コントロールにフォーカスがなく、その値が和暦表示できない場合に代わりに表示されるテキストを設定します。
    参照:watermarkDisplayEmptyEraText

    引数

    • value: string

      和暦表示できない場合に代わりに表示されるテキスト。

    戻り値 void

setWatermarkDisplayNullText

  • setWatermarkDisplayNullText(v: string): void
  • コントロールにフォーカスがなく未入力のときの代替テキストを設定します。

    引数

    • v: string

      代替テキスト。

    戻り値 void

setWatermarkEmptyEraText

  • setWatermarkEmptyEraText(v: string): void
  • コントロールにフォーカスがあり、その値が和暦表示できない場合に代わりに表示されるテキストを設定します。
    参照:watermarkEmptyEraText

    引数

    • v: string

      和暦表示できない場合に代わりに表示されるテキスト。

    戻り値 void

setWatermarkNullText

  • setWatermarkNullText(v: string): void
  • コントロールにフォーカスがあり未入力のときの代替テキストを設定します。

    引数

    • v: string

      代替テキスト。

    戻り値 void

イベント

EditStatusChanged

  • 編集モードが、[Insert]キー等によって挿入または上書きに切り変わったときに発生します。

    var gcTextBox1 = FindIMControl("gcTextBox1");
    var callback = function (sender) {
        alert("Edit Status Changed.");
    };
    
    // イベントリスナーを追加します。
    gcTextBox1.onEditStatusChanged(callback);
    
    // イベントリスナーを削除します。
    gcTextBox1.removeEditStatusChanged(callback);
    

    引数

    • callback: (sender: GcInputManBase): void

      イベントハンドラ

        • 引数

          • sender: GcInputManBase

            イベントが発生したコントロールのオブジェクト

          戻り値 void

    戻り値 void

FocusOut

  • FocusOut(callback: (sender: this): void): void
  • コントロールがフォーカスを失ったときに発生します。

    var gcTextBox1 = FindIMControl("gcTextBox1");
    var callback = function (sender) {
        alert("Focus Out.");
    };
    
    // イベントリスナーを追加します。
    gcTextBox1.onFocusOut(callback);
    
    // イベントリスナーを削除します。
    gcTextBox1.removeFocusOut(callback);
    

    引数

    • callback: (sender: this): void

      イベントハンドラ

        • (sender: this): void
        • 引数

          • sender: this

            イベントが発生したコントロールのオブジェクト

          戻り値 void

    戻り値 void

Input

  • Input(callback: (sender: this, args: InputArgs): void): void
  • キー入力などの操作によりコントロールのテキストが変更されたときに直ちに発生します。

    var gcTextBox1 = FindIMControl("gcTextBox1");
    var callback = function (sender) {
        alert("Input.");
    };
    
    // イベントリスナーを追加します。
    gcTextBox1.onInput(callback);
    
    // イベントリスナーを削除します。
    gcTextBox1.removeInput(callback);
    

    引数

    • callback: (sender: this, args: InputArgs): void

      イベントハンドラ

        • 引数

          • sender: this

            イベントが発生したコントロールのオブジェクト

          • args: InputArgs

          戻り値 void

    戻り値 void

InvalidInput

  • InvalidInput(callback: (sender: this): void): void
  • コントロールに入力が許可されていない文字をキーボードから入力、またはクリップボードからコピーしたときに発生します。

    var gcTextBox1 = FindIMControl("gcTextBox1");
    var callback = function (sender) {
        alert("Invalid Input.");
    };
    
    // イベントリスナーを追加します。
    gcTextBox1.onInvalidInput(callback);
    
    // イベントリスナーを削除します。
    gcTextBox1.removeInvalidInput(callback);
    

    引数

    • callback: (sender: this): void

      イベントハンドラ

        • (sender: this): void
        • 引数

          • sender: this

            イベントが発生したコントロールのオブジェクト

          戻り値 void

    戻り値 void

InvalidRange

  • InvalidRange(callback: (sender: GcDateTime): void): void
  • 有効範囲外の日付が入力されたままフォーカスを移動したときに発生します。

    var gcDateTime1 = new GC.InputMan.GcDateTime(document.getElementById("gcDateTime1"));
    
    gcDateTime1.setMinDate(new Date("2015-1-1"));
    gcDateTime1.setMaxDate(new Date("2025-12-31"));
    
    var callback = function(sender){
        alert("入力範囲外の日付です。");
    }
    
    // イベントリスナーを追加します。
    gcDateTime1.onInvalidRange(callback);
    
    // イベントリスナーを削除します。
    gcDateTime1.removeInvalidRange(callback);
    

    引数

    • callback: (sender: GcDateTime): void

      イベントハンドラ

        • 引数

          • sender: GcDateTime

            イベントが発生したコントロールのオブジェクト

          戻り値 void

    戻り値 void

InvalidValue

  • InvalidValue(callback: (sender: GcDateTime): void): void
  • 無効な日付が入力されたとき、または日付の入力が不完全なままフォーカスを移動したときに発生します。

    var gcDateTime1 = FindIMControl("gcDateTime1");
    var callback = function (sender) {
        alert("Invalid Value.");
    };
    
    // イベントリスナーを追加します。
    gcDateTime1.onInvalidValue(callback);
    
    // イベントリスナーを削除します。
    gcDateTime1.removeInvalidValue(callback);
    

    引数

    • callback: (sender: GcDateTime): void

      イベントハンドラ

        • 引数

          • sender: GcDateTime

            イベントが発生したコントロールのオブジェクト

          戻り値 void

    戻り値 void

KeyDown

  • コントロールにフォーカスがあるときにキーが押されると発生します。

    var gcTextBox1 = FindIMControl("gcTextBox1");
    var callback = function (sender) {
        alert("Key Down.");
    };
    
    // イベントリスナーを追加します。
    gcTextBox1.onKeyDown(callback);
    
    // イベントリスナーを削除します。
    gcTextBox1.removeKeyDown(callback);
    

    引数

    • callback: (sender: this, args?: CustomEventArgs): void

      イベントハンドラ

        • 引数

          • sender: this

            イベントが発生したコントロールのオブジェクト

          • オプション args: CustomEventArgs

            イベントデータ

          戻り値 void

    戻り値 void

KeyExit

  • KeyExit(callback: (sender: this): void): void
  • キーボードでフォーカスを移動した時に発生します。

    var gcTextBox1 = FindIMControl("gcTextBox1");
    var callback = function (sender) {
        alert("Key Exit.");
    };
    
    // イベントリスナーを追加します。
    gcTextBox1.onKeyExit(callback);
    
    // イベントリスナーを削除します。
    gcTextBox1.removeKeyExit(callback);
    

    引数

    • callback: (sender: this): void

      イベントハンドラ

        • (sender: this): void
        • 引数

          • sender: this

            イベントが発生したコントロールのオブジェクト

          戻り値 void

    戻り値 void

KeyUp

  • コントロールにフォーカスがあるときにキーが離されると発生します。

    var gcTextBox1 = FindIMControl("gcTextBox1");
    var callback = function (sender) {
        alert("Key Up.");
    };
    
    // イベントリスナーを追加します。
    gcTextBox1.onKeyUp(callback);
    
    // イベントリスナーを削除します。
    gcTextBox1.removeKeyUp(callback);
    

    引数

    • callback: (sender: this, args?: CustomEventArgs): void

      イベントハンドラ

        • 引数

          • sender: this

            イベントが発生したコントロールのオブジェクト

          • オプション args: CustomEventArgs

            イベントデータ

          戻り値 void

    戻り値 void

NumberChanged

  • NumberChanged(callback: (sender: GcDateTime): void): void
  • コントロールが保持する長整数型の日付の値が変更されたときに発生します。

    var gcDateTime1 = FindIMControl("gcDateTime1");
    var callback = function (sender) {
        alert("Number Changed.");
    };
    
    // イベントリスナーを追加します。
    gcDateTime1.onNumberChanged(callback);
    
    // イベントリスナーを削除します。
    gcDateTime1.removeNumberChanged(callback);
    

    引数

    • callback: (sender: GcDateTime): void

      イベントハンドラ

        • 引数

          • sender: GcDateTime

            イベントが発生したコントロールのオブジェクト

          戻り値 void

    戻り値 void

SpinDown

  • SpinDown(callback: (sender: this): void): void
  • スピン機能を使ってコントロールの値を減少させたときに発生します。

    var gcTextBox1 = FindIMControl("gcTextBox1");
    var callback = function (sender) {
        alert("Spin Down.");
    };
    
    // イベントリスナーを追加します。
    gcTextBox1.onSpinDown(callback);
    
    // イベントリスナーを削除します。
    gcTextBox1.removeSpinDown(callback);
    

    引数

    • callback: (sender: this): void

      イベントハンドラ

        • (sender: this): void
        • 引数

          • sender: this

            イベントが発生したコントロールのオブジェクト

          戻り値 void

    戻り値 void

SpinUp

  • SpinUp(callback: (sender: this): void): void
  • スピン機能を使ってコントロールの値を増加させたときに発生します。

    var gcTextBox1 = FindIMControl("gcTextBox1");
    var callback = function (sender) {
        alert("Spin Up.");
    };
    
    // イベントリスナーを追加します。
    gcTextBox1.onSpinUp(callback);
    
    // イベントリスナーを削除します。
    gcTextBox1.removeSpinUp(callback);
    

    引数

    • callback: (sender: this): void

      イベントハンドラ

        • (sender: this): void
        • 引数

          • sender: this

            イベントが発生したコントロールのオブジェクト

          戻り値 void

    戻り値 void

SyncValueToOriginalInput

  • SyncValueToOriginalInput(callback: (value: boolean | number | string | object, originalInput: HTMLInputElement | HTMLTextAreaElement): void): void
  • オリジナルの入力要素と値を同期するときに発生します。
    デフォルトの実装は次のとおりです。

    gcDateTime1.onSyncValueToOriginalInput(function(value, originalInput) {
        if(value instanceof Date){
            originalInput.value = value.toISOString();
            return;
        }
    
        originalInput.value = this.getValue();
    });
    
    remarks

    InputManのコントロールの値が変更された場合、入力された値はオリジナルの入力要素に同期されます。 ユーザーがフォームをSubmitした場合、オリジナルの入力要素の値が送信されますが、InputManの入力要素の値は送信されません。 InputManではオリジナルの入力要素と値を同期するデフォルトの処理が実装されていますが、本イベントを利用して同期する値をカスタマイズできます。

    引数

    • callback: (value: boolean | number | string | object, originalInput: HTMLInputElement | HTMLTextAreaElement): void

      値を同期するコールバック

        • (value: boolean | number | string | object, originalInput: HTMLInputElement | HTMLTextAreaElement): void
        • 引数

          • value: boolean | number | string | object

            入力されたデータ

          • originalInput: HTMLInputElement | HTMLTextAreaElement

            オリジナルの入力要素

          戻り値 void

    戻り値 void

TextChanged

  • コントロールのテキストの値が変更された場合に発生します。

    var gcTextBox1 = FindIMControl("gcTextBox1");
    var callback = function(sender) {
        alert("Text Changed.");
    };
    
    // イベントリスナーを追加します。
    gcTextBox1.onTextChanged(callback);
    
    // イベントリスナーを削除します。
    gcTextBox1.removeTextChanged(callback);
    

    引数

    • callback: (sender: GcInputManBase): void

      イベントハンドラ

        • 引数

          • sender: GcInputManBase

            イベントが発生したコントロールのオブジェクト

          戻り値 void

    戻り値 void

ValueChanged

  • ValueChanged(callback: (sender: GcDateTime): void): void
  • コントロールが保持する日付値が変更されたときに発生します。

    var gcDateTime1 = FindIMControl("gcDateTime1");
    var callback = function (sender) {
        alert("Value Changed.");
    };
    
    // イベントリスナーを追加します。
    gcDateTime1.onValueChanged(callback);
    
    // イベントリスナーを削除します。
    gcDateTime1.removeValueChanged(callback);
    

    引数

    • callback: (sender: GcDateTime): void

      イベントハンドラ

        • 引数

          • sender: GcDateTime

            イベントが発生したコントロールのオブジェクト

          戻り値 void

    戻り値 void