データ連結

このサンプルではコンボコントロールのドロップダウンリストに表示する内容を配列などとデータ連結させる方法を紹介しています。文字配列やオブジェクト配列などをItems要素に設定し、リストに表示することを確認できます。

コンボコントロールでは、ドロップダウンリストに表示する内容を配列などと連結させることができます。 文字配列に連結 setItemsメソッドを使用することで、文字配列をコンボコントロールに連結し、リストに表示させることができます。 次のサンプルコードは、文字配列をコンボコントロールに連結する例です。 オブジェクト配列に連結 コンストラクタの第二引数にItems要素としてオブジェクト配列を設定することで、その配列の内容をリストに表示させることができます。 次のサンプルコードは、オブジェクト配列をコンボコントロールに連結する例です。 option要素から生成 ドロップダウンリストに表示する内容は、option要素から生成することができます。 次のサンプルコードは、option要素を動的に設定する例です。
import '@grapecity/inputman/CSS/gc.inputman-js.css'; import './styles.css'; import { InputMan } from '@grapecity/inputman'; InputMan.appearanceStyle = InputMan.AppearanceStyle.Modern; // 文字配列に連結 const gcComboBoxStrings = new InputMan.GcComboBox(document.getElementById('gcComboBoxStrings'), { items: [ '果汁100%オレンジ', '果汁100%グレープ', '果汁100%レモン', '果汁100%ピーチ', 'コーヒーマイルド', 'コーヒービター' ] }); // オブジェクト配列に連結 const gcComboBoxObjects = new InputMan.GcComboBox(document.getElementById('gcComboBoxObjects'), { items: [ { name: '果汁100%オレンジ' }, { name: '果汁100%グレープ' }, { name: '果汁100%レモン' }, { name: '果汁100%ピーチ' }, { name: 'コーヒーマイルド' }, { name: 'コーヒービター' } ], displayMemberPath: 'name', valueMemberPath: 'name' }); // option要素から生成 const gcComboBoxDom = new InputMan.GcComboBox(document.getElementById('gcComboBoxDom'), {});
<!DOCTYPE html> <html> <head> <meta charset="UTF-8"> <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0"> <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="ie=edge"> <title>コンボコントロール - データ連結</title> <!-- SystemJS --> <script src="node_modules/systemjs/dist/system.src.js"></script> <script src="systemjs.config.js"></script> <script> System.import('./src/app'); </script> </head> <body> <div class="flexbox"> <div> 文字配列に連結<br> <select id="gcComboBoxStrings"></select> </div> <div> オブジェクト配列に連結<br> <select id="gcComboBoxObjects"></select> </div> <div> option要素から生成<br> <select id="gcComboBoxDom"> <option>果汁100%オレンジ</option> <option>果汁100%グレープ</option> <option>果汁100%レモン</option> <option>果汁100%ピーチ</option> <option>コーヒーマイルド</option> <option>コーヒービター</option> </select> </div> </div> </body> </html>
body { min-height: 220px; }
System.config({ transpiler: 'plugin-babel', babelOptions: { es2015: true }, meta: { '*.css': { loader: 'css' } }, paths: { // paths serve as alias 'npm:': 'node_modules/' }, // map tells the System loader where to look for things map: { '@grapecity/inputman': 'npm:@grapecity/inputman/index.js', '@grapecity/inputman/CSS': 'npm:@grapecity/inputman/CSS', 'css': 'npm:systemjs-plugin-css/css.js', 'plugin-babel': 'npm:systemjs-plugin-babel/plugin-babel.js', 'systemjs-babel-build': 'npm:systemjs-plugin-babel/systemjs-babel-browser.js' }, // packages tells the System loader how to load when no filename and/or no extension packages: { src: { defaultExtension: 'js' }, "node_modules": { defaultExtension: 'js' }, } });