カスタム項目

このサンプルではリストコントロールにドロップダウンリストの値や外観をカスタマイズする方法を紹介しています。

リストコントロールでは、リストアイテムの値や外観をカスタマイズすることが可能です。 値のカスタマイズ リストコントロールの場合、formatItemプロパティにリストアイテムの値をフォーマットするときに実行する処理を設定できます。ここにデータソースの値を編集する処理などを実装することで、コントロールに設定する値をカスタマイズすることが可能です。なお、formatItemプロパティに設定された処理は、リストアイテムに表示されるアイテムの数分だけ発生します。 以下のコードは、上記サンプルの抜粋です。formatItemプロパティに設定された処理では、コントロールのデータソース内の3つのフィールド("lastName"、"firstName"、"office")の値を結合し、"fullName"という新しいフィールドに設定しています。displayMemberPathプロパティにこのフィールド名を設定することで、リストアイテムに編集後の値を表示することを実現しています。 外観のカスタマイズ リストコントロールの場合、generatingItemプロパティにリストボックスのDOM要素が生成されるときに実行する処理を設定できます。ここにDOM要素を編集する処理などを実装することで、各リストアイテムの外観をカスタマイズすることが可能です。なお、generatingItemプロパティに設定された処理は、リストボックスに表示されるアイテムの数分だけ発生します。 以下のコードは、上記サンプルの抜粋です。generatingItemプロパティに設定された処理では、アイテムのインデックスが奇数の時に"odd"、偶数の時に"even"というクラスをアイテム要素に追加しています。cssに"odd"クラスのスタイルを定義することで、奇数行のリストアイテムのみ外観を変更することを実現しています。 なお、本サンプルでは"even"クラスのスタイルをcssに定義していないため、偶数行のリストアイテムのスタイルはデフォルトのままですが、cssに"even"クラスのスタイルを追加すれば、偶数行の外観も変更することが可能です。
import '@grapecity/inputman/CSS/gc.inputman-js.css'; import './styles.css'; import { InputMan } from '@grapecity/inputman'; InputMan.appearanceStyle = InputMan.AppearanceStyle.Modern; const employees = [ { lastName: '森上', firstName: '偉久馬', office: '東京本社' }, { lastName: '葛城', firstName: '孝史', office: '東京本社' }, { lastName: '加藤', firstName: '泰江', office: '東京本社' }, { lastName: '川村', firstName: '匡', office: '大阪支社' }, { lastName: '松沢', firstName: '誠一', office: '大阪支社' }, { lastName: '成宮', firstName: '真紀', office: '大阪支社' }, ]; const gcListBox = new InputMan.GcListBox(document.getElementById('gcListBox'), { items: employees, displayMemberPath: 'fullName', formatItem: (args) => { var item = args.itemObject; item.fullName = item.lastName + ' ' + item.firstName + '(' + item.office + ')'; employees[args.index].fullName = item.fullName; }, generatingItem: (args) => { args.item.classList.add(args.index % 2 ? 'odd' : 'even'); } });
<!DOCTYPE html> <html> <head> <meta charset="UTF-8"> <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0"> <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="ie=edge"> <title>リストコントロール - カスタム項目</title> <!-- SystemJS --> <script src="node_modules/systemjs/dist/system.src.js"></script> <script src="systemjs.config.js"></script> <script> System.import('./src/app'); </script> </head> <body> <select id="gcListBox"></select> </body> </html>
.odd { background: lavender; }
[gcim-control-appearance="modern"] .odd { background: lavender; }
System.config({ transpiler: 'plugin-babel', babelOptions: { es2015: true }, meta: { '*.css': { loader: 'css' } }, paths: { // paths serve as alias 'npm:': 'node_modules/' }, // map tells the System loader where to look for things map: { '@grapecity/inputman': 'npm:@grapecity/inputman/index.js', '@grapecity/inputman/CSS': 'npm:@grapecity/inputman/CSS', 'css': 'npm:systemjs-plugin-css/css.js', 'plugin-babel': 'npm:systemjs-plugin-babel/plugin-babel.js', 'systemjs-babel-build': 'npm:systemjs-plugin-babel/systemjs-babel-browser.js' }, // packages tells the System loader how to load when no filename and/or no extension packages: { src: { defaultExtension: 'js' }, "node_modules": { defaultExtension: 'js' }, } });