イベント

InputManJSの複数行テキストコントロールでは、各種イベントがあります。以下のサンプルではアクションに応じて発生したイベントを確認できます。

InputManJSでは、コントロールへのアクションに応じてさまざまなイベントが発生します。複数行テキストコントロールで発生するイベントは、以下の通りです。 イベント名 説明 onEditStatusChanged 編集モードが、[Insert]キー等によって挿入または上書きに切り変わったときに発生します。 onFocusOut コントロールがフォーカスを失ったときに発生します。 onIMEReadingStringOutput ふりがなが出力されるときに発生します。 onInput キー入力などの操作によりコントロールのテキストが変更されたときに直ちに発生します。 onInvalidInput コントロールに入力が許可されていない文字をキーボードから入力、またはクリップボードからコピーしたときに発生します。 onKeyDown コントロールにフォーカスがあるときにキーが押されると発生します。 onKeyExit キーボードでフォーカスを移動した時に発生します。 onKeyUp コントロールにフォーカスがあるときにキーが離されると発生します。 onSyncValueToOriginalInput オリジナルの入力要素と値を同期するときに発生します。 onTextChanged コントロールのテキストの値が変更された場合に発生します。
import '@grapecity/inputman/CSS/gc.inputman-js.css'; import { InputMan } from '@grapecity/inputman'; InputMan.appearanceStyle = InputMan.AppearanceStyle.Modern; const gcMultiLineTextBox = new InputMan.GcMultiLineTextBox(document.getElementById('gcMultiLineTextBox')); // イベントハンドラ gcMultiLineTextBox.onEditStatusChanged((sender, eArgs) => { log('onEditStatusChanged'); }); gcMultiLineTextBox.onFocusOut((sender, eArgs) => { log('onFocusOut'); }); gcMultiLineTextBox.onIMEReadingStringOutput((sender, eArgs) => { log('onIMEReadingStringOutput'); }); gcMultiLineTextBox.onInput((sender, eArgs) => { log('onInput'); }); gcMultiLineTextBox.onInvalidInput((sender, eArgs) => { log('onInvalidInput'); }); gcMultiLineTextBox.onKeyDown((sender, eArgs) => { log('onKeyDown'); }); gcMultiLineTextBox.onKeyExit((sender, eArgs) => { log('onKeyExit'); }); gcMultiLineTextBox.onKeyUp((sender, eArgs) => { log('onKeyUp'); }); gcMultiLineTextBox.onSyncValueToOriginalInput((sender, eArgs) => { log('onSyncValueToOriginalInput'); }); gcMultiLineTextBox.onTextChanged((sender, eArgs) => { log('onTextChanged'); }); // テキストボックスにログを出力 const log = (message) => { const textarea = document.getElementById('log'); textarea.value += message + '\n'; textarea.scrollTop = textarea.scrollHeight; }
<!DOCTYPE html> <html> <head> <meta charset="UTF-8"> <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0"> <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="ie=edge"> <title>複数行テキストコントロール - イベント</title> <!-- SystemJS --> <script src="node_modules/systemjs/dist/system.src.js"></script> <script src="systemjs.config.js"></script> <script> System.import('./src/app'); </script> </head> <body> <textarea id="gcMultiLineTextBox"></textarea><br><br> イベント<br> <textarea id="log" rows="10" cols="30"></textarea> </body> </html>
System.config({ transpiler: 'plugin-babel', babelOptions: { es2015: true }, meta: { '*.css': { loader: 'css' } }, paths: { // paths serve as alias 'npm:': 'node_modules/' }, // map tells the System loader where to look for things map: { '@grapecity/inputman': 'npm:@grapecity/inputman/index.js', '@grapecity/inputman/CSS': 'npm:@grapecity/inputman/CSS', 'css': 'npm:systemjs-plugin-css/css.js', 'plugin-babel': 'npm:systemjs-plugin-babel/plugin-babel.js', 'systemjs-babel-build': 'npm:systemjs-plugin-babel/systemjs-babel-browser.js' }, // packages tells the System loader how to load when no filename and/or no extension packages: { src: { defaultExtension: 'js' }, "node_modules": { defaultExtension: 'js' }, } });