スピン機能

このサンプルでは設定した列挙体の項目を順番に指定できるスピン機能を紹介しています。矢印キーまたはマウスホイールで表示項目の切り替えることを確認できます。

マスクコントロールには、書式に設定した列挙体の項目を順番に指定できるスピン機能が搭載されています。以下では、このスピン機能について説明します。 書式とスピン機能 マスクコントロールの書式を設定するとき、setFormatPatternメソッドに列挙体を設定すると、スピン機能を使って、列挙体内の各項目を順次表示させることができます。 setFormatPatternメソッドへの列挙体の設定は、次のように'()'内に項目を列挙し、それらを'|'で区切ることで行います。 このように設定すると[↑]キー、または[↓]キーあるいは、スピンボタンを押すたびに表示が次のように変化します。 [↑]キー、または上方向スピンボタンを押したとき [↓]キー、または下方向スピンボタンを押したとき AAA --> BBB --> CCC --> DDD --> EEE --> AAA EEE --> DDD --> CCC --> BBB --> AAA --> EEE スピン機能を有効にする スピン機能は、スピンボタンの押下、[↑]キー、または[↓]キー、マウスホイールによる操作が可能です。 スピンボタンを表示させる場合はaddSpinButtonメソッドを実行します。 キーボードの[↑]キーと[↓]キーの操作を有効にするには、setSpinOnKeysメソッドをtrueに設定します。 マウスホイールによる操作を有効にするには、setSpinWheelメソッドをtrueに設定します。 次のサンプルコードは、マスクコントロールのスピン機能を有効にし、スピンボタンが表示されるように設定します。
import '@grapecity/inputman/CSS/gc.inputman-js.css'; import { InputMan } from '@grapecity/inputman'; InputMan.appearanceStyle = InputMan.AppearanceStyle.Modern; const gcMask = new InputMan.GcMask(document.getElementById('gcMask'), { formatPattern: '(AAA|BBB|CCC|DDD|EEE)', showSpinButton: true }); document.getElementById('setAllowSpin').addEventListener('change', (e) => { gcMask.setAllowSpin(e.target.checked); }); document.getElementById('setSpinOnKeys').addEventListener('change', (e) => { gcMask.setSpinOnKeys(e.target.checked); }); document.getElementById('setSpinWheel').addEventListener('change', (e) => { gcMask.setSpinWheel(e.target.checked); });
<!DOCTYPE html> <html> <head> <meta charset="UTF-8"> <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0"> <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="ie=edge"> <title>マスクコントロール - スピン機能</title> <!-- SystemJS --> <script src="node_modules/systemjs/dist/system.src.js"></script> <script src="systemjs.config.js"></script> <script> System.import('./src/app'); </script> </head> <body> <input id="gcMask"> <table class="sample"> <tr> <th>スピン機能</th> <td><label><input type="checkbox" checked id="setAllowSpin">有効にする</label></td> </tr> <tr> <th>上下矢印キーでのスピン操作</th> <td><label><input type="checkbox" checked id="setSpinOnKeys">有効にする</label></td> </tr> <tr> <th>マウスホイールでのスピン操作</th> <td><label><input type="checkbox" checked id="setSpinWheel">有効にする</label></td> </tr> </table> </body> </html>
System.config({ transpiler: 'plugin-babel', babelOptions: { es2015: true }, meta: { '*.css': { loader: 'css' } }, paths: { // paths serve as alias 'npm:': 'node_modules/' }, // map tells the System loader where to look for things map: { '@grapecity/inputman': 'npm:@grapecity/inputman/index.js', '@grapecity/inputman/CSS': 'npm:@grapecity/inputman/CSS', 'css': 'npm:systemjs-plugin-css/css.js', 'plugin-babel': 'npm:systemjs-plugin-babel/plugin-babel.js', 'systemjs-babel-build': 'npm:systemjs-plugin-babel/systemjs-babel-browser.js' }, // packages tells the System loader how to load when no filename and/or no extension packages: { src: { defaultExtension: 'js' }, "node_modules": { defaultExtension: 'js' }, } });