キーの動作

このサンプルでは、ファンクションキーコントロールにおけるキーの繰り返し実行やールチップの表示、マウスクリックでキーを有効化するなどの機能を確認することができます。

ファンクションキーコントロールは、キーイベントの繰り返し実行、ツールチップの表示、マウスクリック時のキー入力の制御を設定することができます。 キーイベントの繰り返し実行 keyRepeatプロパティを利用して、ファンクションキーを押し続けている間キーダウンイベントを繰り返し発生させるかどうかを設定することができます。この値のデフォルト値はfalseです。 なお、マウスクリックによるキーの押下の場合は繰り返し実行されません。 ファンクションキーのツールチップ表示 showTipプロパティを利用して、ファンクションキーにツールチップを表示するかどうかの値を設定することができます。この値のデフォルト値はtrueです。 ツールチップの内容は、FunctionKeyInfo.descriptionで設定した値が表示されます。 マウスクリック時のキー入力制御 handleMouseプロパティを利用して、ファンクションキーボタンに対するマウスクリックを有効にするかどうかを設定することができます。 この値のデフォルト値はtrueです。
import '@grapecity/inputman/CSS/gc.inputman-js.css'; import './styles.css'; import { InputMan } from '@grapecity/inputman'; InputMan.appearanceStyle = InputMan.AppearanceStyle.Modern; // ファンクションキー let gcFunctionKey = new InputMan.GcFunctionKey(document.getElementById('functionkey'), { functionKeys: [ { key: GC.InputMan.FunctionKey.F1, description: 'F1キー' }, { key: GC.InputMan.FunctionKey.F3, description: 'F3キー' }, { key: GC.InputMan.FunctionKey.Home, description: 'Home' }, { key: GC.InputMan.FunctionKey.End, description: 'End' } ], onActived: function (s, e) { console.log(e.description + 'が押下されました。'); }, keyRepeat: true }); document.getElementById('keyEvent').addEventListener('click', (e) => { gcFunctionKey.keyRepeat = e.target.checked; }); document.getElementById('tooltip').addEventListener('click', (e) => { gcFunctionKey.showTip = e.target.checked; }); document.getElementById('mouseClick').addEventListener('click', (e) => { gcFunctionKey.handleMouse = e.target.checked; });
<!DOCTYPE html> <html> <head> <meta charset="UTF-8"> <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0"> <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="ie=edge"> <title>ファンクションキーコントロール - キーの動作</title> <!-- SystemJS --> <script src="node_modules/systemjs/dist/system.src.js"></script> <script src="systemjs.config.js"></script> <script> System.import('./src/app'); </script> </head> <body> <div id="functionkey"></div> <table class="sample"> <tr> <th>イベントの繰り返し</th> <td> <label><input type="checkbox" id="keyEvent" checked>繰り返し実行する※1</label> </td> </tr> <tr> <th>ツールチップの表示</th> <td> <label><input type="checkbox" id="tooltip" checked>表示する</label> </td> </tr> <tr> <th>マウスクリックの有効化</th> <td> <label><input type="checkbox" id="mouseClick" checked>有効化する</label> </td> </tr> </table> <br> <p>※1 ファンクションキー長押ししている時のみ、イベントの繰り返しは実行されます。</p> </body> </html>
body { padding-bottom: 2rem; }
System.config({ transpiler: 'plugin-babel', babelOptions: { es2015: true }, meta: { '*.css': { loader: 'css' } }, paths: { // paths serve as alias 'npm:': 'node_modules/' }, // map tells the System loader where to look for things map: { '@grapecity/inputman': 'npm:@grapecity/inputman/index.js', '@grapecity/inputman/CSS': 'npm:@grapecity/inputman/CSS', 'css': 'npm:systemjs-plugin-css/css.js', 'plugin-babel': 'npm:systemjs-plugin-babel/plugin-babel.js', 'systemjs-babel-build': 'npm:systemjs-plugin-babel/systemjs-babel-browser.js' }, // packages tells the System loader how to load when no filename and/or no extension packages: { src: { defaultExtension: 'js' }, "node_modules": { defaultExtension: 'js' }, } });