入力の制御

このサンプルでは日付時刻コントロールで入力範囲を指定することや、日付チェック、リテラル文字関連の設定方法を確認することができます。

日付時刻コントロールでは入力可能な範囲を指定したり、日付型としての正当性検査を行うなど、値の扱いを制御することができます。 入力範囲の指定 setMinDateメソッドとsetMaxDateメソッドを使用してコントロールに入力可能な日付範囲を指定できます。 setAdjustValueOnFocusメソッドがtrueの場合は、すべてのフィールドの値が入力されたとき、falseの場合はフォーカスが移動するときに検証が行われます。 範囲外の日付が入力されると、onInvalidRangeイベントが発生し、setMaxMinBehaviorメソッドの設定によって値が制御されます。 setMaxMinBehaviorメソッドに設定できる値は以下のとおりで、既定値はMaxMinBehavior.Restoreです。 MaxMinBehaviorの値 説明 AdjustToMaxMin 値を最小値か最大値の近い方に設定します。 Clear 値を削除してnullにします。 Restore 変更前の値に戻します。 CancelInput 最後の入力をキャンセルしてフォーカスを保持します。 Keep 最後に入力された現在値を保持します。 なお、値をnullに初期化するには、clearメソッドを使用します。 次のサンプルコードは、範囲外の値を最小日付か最大日付の近い方の値に、入力中に自動調整される例です。この例では、「2017/12/31」と値を入力すると「2018/01/01」に自動調整されます。 有効性のチェック 日付時刻コントロールでは、入力時に、日付時刻として有効な文字種のだけが許可されるほか、以下のメソッドとイベントにより多重チェックが行われます。 機能 説明 setValidateModeメソッド 入力中にコントロールに適用される正当性検査のレベルを指定します。 onInvalidRangeイベント setMinDateメソッドとsetMaxDateメソッドで定義された有効範囲を超えた値を入力して、コントロールからフォーカスを移動したときに発生します。 onInvalidValueイベント 日付に変換できない値、または日付として認識できない値を入力して、コントロールからフォーカスを移動したときに発生します。 発生する可能性のあるイベントは、setValidateModeメソッドで設定した正当性検査のレベルによって、次のように異なります。 イベント 完全チェック 簡易チェック チェックなし onInvalidInput ○ ○ ○ onInvalidRange ○ ○ ○ onInvalidValue × ○ ○ リテラル文字列を含まない値の取得と設定 getValueメソッドおよびsetValueメソッドを使えば、リテラル文字列とプロンプト文字列を除いたコントロールの基となる値をDate型で取得または設定できます。 また、getNumberメソッドおよびsetNumberメソッドを使えば、リテラル文字列とプロンプト文字列を除いたコントロール内の日付を長整数型で取得または設定できます。たとえば、setTextメソッドに「平成 30年01月01日」が設定されているときには、getNumberメソッドの値は「20180101000000」となります。setNumberメソッドで値が変更されると、その変更はgetDisplayTextメソッドとgetTextメソッド、およびgetValueメソッドにも適用されます。 コピーや切り取りなどのユーザー操作によりクリップボードにリテラル文字を含まない値を渡すには、setClipContentメソッドでClipContent.ExcludeLiteralsに設定します。setClipContentメソッドの設定は、getSelectedTextメソッドから取得できる文字列にも適用されます。 なお、プロンプト文字列は、setClipContentメソッドの設定に関わらず常にクリップボードに渡されます。 改行コードの取り扱い setAcceptsCrlfメソッドを使用してクリップボードへ改行を含む文字列をコピー、または貼り付けた場合の改行コードの扱いを設定できます。setAcceptsCrlfメソッドは、以下の3つの動作から選択します。既定値はCrLfMode.NoControlです。 値 説明 NoControl 改行コードはそのままでコピー、貼り付けを行います。 Filter コピー、切り取り、または貼り付け文字列内にあるすべての改行コードを削除します。 Cut コピー、切り取り、および貼り付け文字列内にある最初の改行コード以降の文字列を切り取ります。
import '@grapecity/inputman/CSS/gc.inputman-js.css'; import { InputMan } from '@grapecity/inputman'; import './styles.css'; InputMan.appearanceStyle = InputMan.AppearanceStyle.Modern; const gcDateTime = new InputMan.GcDateTime(document.getElementById('gcDateTime'), { showDropDownButton: true, dropDownConfig: { dropDownType: InputMan.DateDropDownType.Calendar }, value: new Date(2018, 0, 1), minDate: new Date(2018, 0, 1), maxDate: new Date(2018, 11, 31) }); document.getElementById('setMaxMinBehavior').addEventListener('change', (e) => { gcDateTime.setMaxMinBehavior(maxMinBehaviors[e.target.selectedIndex]); }); const maxMinBehaviors = [ InputMan.MaxMinBehavior.AdjustToMaxMin, InputMan.MaxMinBehavior.Clear, InputMan.MaxMinBehavior.Restore, InputMan.MaxMinBehavior.CancelInput, InputMan.MaxMinBehavior.Keep ]; document.getElementById('setAcceptsCrlf').addEventListener('change', (e) => { gcDateTime.setAcceptsCrlf(crLfModes[e.target.selectedIndex]); }); gcDateTime.onInvalidInput(() => { alert('不正な文字の入力です。半角数字で入力してください。'); }); gcDateTime.onInvalidValue(() => { alert('日付として無効な入力です。'); }); gcDateTime.onInvalidRange(() => { alert('今日から1カ月以内の日付を入力してください。'); }); const crLfModes = [ InputMan.CrLfMode.NoControl, InputMan.CrLfMode.Filter, InputMan.CrLfMode.Cut ]; const rawValue = new InputMan.GcTextBox(document.getElementById('rawValue')); document.getElementById('getValue').addEventListener('click', () => { rawValue.setText(gcDateTime.getNumber()); }); document.getElementById('setValue').addEventListener('click', () => { gcDateTime.setNumber(rawValue.getText()); });
<!DOCTYPE html> <html> <head> <meta charset="UTF-8"> <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0"> <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="ie=edge"> <title>日付時刻コントロール - 入力の制御</title> <!-- SystemJS --> <script src="node_modules/systemjs/dist/system.src.js"></script> <script src="systemjs.config.js"></script> <script> System.import('./src/app'); </script> </head> <body> <input id="gcDateTime">(2018/1/1 00:00:00~2018/12/31 23:59:59) <table class="sample"> <tr> <th>範囲外値の制御方法</th> <td> <select id="setMaxMinBehavior"> <option>最大値か最小値の近い方に設定</option> <option>値を削除</option> <option selected>変更前の値に戻す</option> <option>最後の入力をキャンセルする</option> <option>最後に入力された現在値を保持</option> </select> </td> </tr> <tr> <th>リテラル文字列を含まない値</th> <td> <input type="text" id="rawValue"> <button id='getValue'>値の取得</button> <button id='setValue'>値の設定</button> </td> </tr> <tr> <th>改行コードの扱い</th> <td> <select id="setAcceptsCrlf"> <option>そのまま使用</option> <option>すべての改行コードを削除</option> <option>改行コード以降の文字列を切り取り</option> </select> </td> </tr> </table> </body> </html>
body { min-height: 250px; }
System.config({ transpiler: 'plugin-babel', babelOptions: { es2015: true }, meta: { '*.css': { loader: 'css' } }, paths: { // paths serve as alias 'npm:': 'node_modules/' }, // map tells the System loader where to look for things map: { '@grapecity/inputman': 'npm:@grapecity/inputman/index.js', '@grapecity/inputman/CSS': 'npm:@grapecity/inputman/CSS', 'css': 'npm:systemjs-plugin-css/css.js', 'plugin-babel': 'npm:systemjs-plugin-babel/plugin-babel.js', 'systemjs-babel-build': 'npm:systemjs-plugin-babel/systemjs-babel-browser.js' }, // packages tells the System loader how to load when no filename and/or no extension packages: { src: { defaultExtension: 'js' }, "node_modules": { defaultExtension: 'js' }, } });