ドロップダウンカレンダー

このサンプルでは日付時刻コントロールにフォーカスまたはソースコードによるドロップダウンカレンダーの表示を確認することができます。

日付時刻コントロールには、入力用カレンダーをドロップダウン表示することが可能です。ここでは、ドロップダウンカレンダーについて説明します。 概要 日付時刻コントロールのaddDropDownメソッドを実行して、第2引数にDropDownType.Calendarを指定すると、ドロップダウンボタンの押下により、カレンダーが表示されます。このドロップダウンカレンダーは、コントロールへの視覚的な日付入力を可能にする入力補助機能で、カレンダーの外観を自由に設定できるほか、休日の登録といったカスタマイズが可能です。 カレンダーの動作や外観、休日設定を行うには、getDropDownCalendarメソッドでGcCalendarコントロールを取得します。ドロップダウンカレンダーは、カレンダーコントロールとほぼ同等の機能を保持します。ドロップダウンカレンダーでサポートされていない機能は下記の2点です。 日付の複数選択 テンプレートの使用 ドロップダウンカレンダーの主な設定方法については、カレンダーコントロールの解説を参照してください。サンプルコードでは、カレンダーコントロールのコントロール名をドロップダウンカレンダーオブジェクトに置き換えてください。(例:gcCalendarをgcDateTime.getDropDownCalendar()に置き換える) ドロップダウン操作 コントロールがフォーカスを取得したときに自動的にドロップダウンを開くには、引数にtrueを指定してsetAutoDropDownメソッドを実行します。 任意のタイミングで手動でドロップダウンを開くには、ドロップダウンウィンドウ(getDropDownWindowメソッドで取得します)のopenメソッドを実行します。また、ドロップダウンを開くにはcloseメソッドを実行します。 ドロップダウンボタン ドロップダウンボタンの表示有無は、setDropDownButtonVisibleメソッドで設定することが可能です。引数をtrueに設定すると、ドロップダウンボタンが表示されます。(既定値はtrueです。) ドロップダウンの方向 ドロップダウンは通常コントロールの下に表示されますが、コントロールの下にドロップダウンを表示できる十分なスペースがない場合は、ドロップダウンがコントロールの上に表示されます。ドロップダウンの表示スペースを判定するとき、既定ではWebページ本体(body要素)をコンテナとして扱いますが、setContainerメソッドで任意の要素をコンテナとして指定することも可能です。 ドロップダウンのアニメーション効果 ドロップダウンリストを表示/非表示を切り替えるときに、アニメーション効果を設定することができます。コントロール全体に一括適用するか、各コントロールに異なるアニメーション効果を設定できます。animationTypeプロパティに設定できる値は以下のとおりで、既定値はDropDownAnimationType.Noneです。 値 アニメーション効果 None 効果なし SlideDown スライドダウン SlideUp スライドアップ Popup ポップアップ要素 Expand 拡大表示 次のサンプルコードは、すべてのコントロールのドロップダウンにアニメーション効果を適用します。 次のサンプルコードは、指定コントロールのドロップダウンにアニメーション効果を適用します。
import '@grapecity/inputman/CSS/gc.inputman-js.css'; import './styles.css'; import { InputMan } from '@grapecity/inputman'; InputMan.appearanceStyle = InputMan.AppearanceStyle.Modern; const gcDateTime1 = new InputMan.GcDateTime(document.getElementById('gcDateTime1'), { showDropDownButton: true, dropDownConfig: { dropDownType: InputMan.DateDropDownType.Calendar }, container: document.getElementById('container1') }); const gcDateTime2 = new InputMan.GcDateTime(document.getElementById('gcDateTime2'), { showDropDownButton: true, dropDownConfig: { dropDownType: InputMan.DateDropDownType.Calendar }, container: document.getElementById('container2') }); document.getElementById('openOnFocus').addEventListener('change', (e) => { gcDateTime1.setAutoDropDown(e.target.checked); gcDateTime2.setAutoDropDown(e.target.checked); }); document.getElementById('open').addEventListener('click', (e) => { gcDateTime1.getDropDownWindow().open(); gcDateTime2.getDropDownWindow().open(); }); document.getElementById('close').addEventListener('click', (e) => { gcDateTime1.getDropDownWindow().close(); gcDateTime2.getDropDownWindow().close(); }); document.getElementById('setDropDownButtonVisible').addEventListener('change', (e) => { gcDateTime1.setDropDownButtonVisible(e.target.checked); gcDateTime2.setDropDownButtonVisible(e.target.checked); }); const animationType = [ InputMan.DropDownAnimationType.None, InputMan.DropDownAnimationType.SlideDown, InputMan.DropDownAnimationType.SlideUp, InputMan.DropDownAnimationType.Popup, InputMan.DropDownAnimationType.Expand, ]; document.getElementById('setAnimationType').addEventListener('change', (e) => { gcDateTime1.getDropDownWindow().animationType = animationType[e.target.selectedIndex]; gcDateTime2.getDropDownWindow().animationType = animationType[e.target.selectedIndex]; });
<!DOCTYPE html> <html> <head> <meta charset="UTF-8"> <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0"> <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="ie=edge"> <title>日付時刻コントロール - ドロップダウンカレンダー</title> <!-- SystemJS --> <script src="node_modules/systemjs/dist/system.src.js"></script> <script src="systemjs.config.js"></script> <script> System.import('./src/app'); </script> </head> <body> <div class="flexbox"> <div id="container1"> <p>ドロップダウンが下に表示されます。</p> <input id="gcDateTime1"> </div> <div id="container2"> <p>ドロップダウンが上に表示されます。</p> <input id="gcDateTime2"> </div> </div> <table class="sample"> <tr> <th>フォーカス時のドロップダウン操作</th> <td> <label><input type="checkbox" id="openOnFocus">フォーカス時にドロップダウンを開く</label> </td> </tr> <tr> <th>コードによるドロップダウン操作</th> <td> <button id="open">ドロップダウンを開く</button> <button id="close">ドロップダウンを閉じる</button> </td> </tr> <tr> <th>ドロップダウンボタンの表示</th> <td> <label><input type="checkbox" id="setDropDownButtonVisible" checked>ドロップダウンボタンを表示する</label> </td> </tr> <tr> <th>アニメーション効果</th> <td> <select id="setAnimationType"> <option selected>なし</option> <option>スライドダウン</option> <option>スライドアップ</option> <option>ポップアップ</option> <option>拡大</option> </select> </td> </tr> </table> </body> </html>
.flexbox { display: flex; flex-wrap: wrap; } .flexbox > div { height: 450px; width: 300px; background-color: #f8f8f8; } #container2 { display: flex; flex-direction: column-reverse; align-items: flex-start; }
[gcim-control-appearance="modern"] .flexbox { display: flex; flex-wrap: wrap; } [gcim-control-appearance="modern"] .flexbox > div { height: 450px; width: 300px; background-color: #f8f8f8; } [gcim-control-appearance="modern"] #container2 { display: flex; flex-direction: column-reverse; align-items: flex-start; }
System.config({ transpiler: 'plugin-babel', babelOptions: { es2015: true }, meta: { '*.css': { loader: 'css' } }, paths: { // paths serve as alias 'npm:': 'node_modules/' }, // map tells the System loader where to look for things map: { '@grapecity/inputman': 'npm:@grapecity/inputman/index.js', '@grapecity/inputman/CSS': 'npm:@grapecity/inputman/CSS', 'css': 'npm:systemjs-plugin-css/css.js', 'plugin-babel': 'npm:systemjs-plugin-babel/plugin-babel.js', 'systemjs-babel-build': 'npm:systemjs-plugin-babel/systemjs-babel-browser.js' }, // packages tells the System loader how to load when no filename and/or no extension packages: { src: { defaultExtension: 'js' }, "node_modules": { defaultExtension: 'js' }, } });