編集とオートフィルタ

このサンプルではコンボコントロールにテキスト編集機能を無効にすることや、オートフィルタの設定などを確認することができます。

コンボコントロールでは、値を入力したり、入力した文字によりドロップダウンリストの項目をフィルタリングすることができます。 値の編集 setEditableメソッドをtrueに設定することで、コントロールに文字列を入力することができます。 オートフィルタ setAutoFilterメソッドを使用して入力した文字によりドロップダウンリストの項目をフィルタリングすることができます。setAutoFilterメソッドは、以下の5つの動作から選択します。既定値はAutoFilter.Containsです。 値 説明 AmbiguousContains 入力されたテキストを含むアイテムをあいまいな検索(大文字/小文字/文字種の区別なし)で検出します。 AmbiguousStartWith 入力されたテキストで開始されるアイテムをあいまいな検索(大文字/小文字/文字種の区別なし)で検出します。 Contains 入力されたテキストを含むアイテムを検出します。 None テキストを入力しても、ドロップダウンをフィルタリングしません。 StartWith 入力されたテキストで開始されるアイテムを検出します。 また、emptyTemplateプロパティを利用して、フィルタ実行時にアイテムが存在しなかった時に表示させたい文字列を設定することができます。 メソッドによる編集 setTextメソッドを利用することで、コントロールのテキストに値を設定することができます。
import '@grapecity/inputman/CSS/gc.inputman-js.css'; import './styles.css'; import { InputMan } from '@grapecity/inputman'; import products from './data'; InputMan.appearanceStyle = InputMan.AppearanceStyle.Modern; const gcComboBox = new InputMan.GcComboBox(document.getElementById('gc-combo'), { items: products, isEditable: true, autoFilter: InputMan.AutoFilter.Contains, emptyTemplate: `<div style="height:150px">該当する項目はありません</div>`, }); document.getElementById('autoFilter').addEventListener('change', (e) => { gcComboBox.setAutoFilter(autoFilters[e.target.selectedIndex]); }); document.getElementById('setTextbtn').addEventListener('click', (e) => { gcComboBox.removeEventListener(InputMan.GcComboBoxEvent.TextChanged, textChangedHandler); gcComboBox.setText(document.getElementById('setText').value); gcComboBox.addEventListener(InputMan.GcComboBoxEvent.TextChanged, textChangedHandler); }); const autoFilters = [ GC.InputMan.AutoFilter.Contains, GC.InputMan.AutoFilter.StartWith, GC.InputMan.AutoFilter.None ]; document.getElementById('isEditable').addEventListener('change', (e) => gcComboBox.setEditable(e.target.checked)); const textChangedHandler = function () { var item = products.filter(product => product.includes(gcComboBox.getDisplayText())) if (item.length === 0) { gcComboBox.setText(''); } }; gcComboBox.addEventListener( InputMan.GcComboBoxEvent.TextChanged, textChangedHandler );
<!DOCTYPE html> <html> <head> <meta charset="UTF-8"> <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0"> <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="ie=edge"> <title>コンボコントロール - 編集とオートフィルタ</title> <!-- SystemJS --> <script src="node_modules/systemjs/dist/system.src.js"></script> <script src="systemjs.config.js"></script> <script> System.import('./src/app'); </script> </head> <body> <div> <select id="gc-combo"></select> </div> <table class="sample"> <tr> <th>テキストの編集</th> <td> <label><input type="checkbox" id="isEditable" checked>テキストの編集を許可する</label> </td> </tr> <tr> <th>オートフィルタ</th> <td> <select id="autoFilter"> <option>文字列を含む</option> <option>文字列で始まる</option> <option>なし</option> </select> </td> </tr> <tr> <th>テキストの設定</th> <td> <input type="text" id="setText"><button id="setTextbtn">実行</button> </td> </tr> </table> <p>このサンプルでは、コントロールのテキストにドロップダウンリストに存在しない値が入力された状態で、コントロールからフォーカスアウトすると、コントロールのテキストの値がクリアされます。</p> </body> </html>
body { min-height: 220px; }
module.exports = [ '果汁100%オレンジ', '果汁100%グレープ', '果汁100%レモン', '果汁100%ピーチ', 'コーヒーマイルド', 'コーヒービター' ];
System.config({ transpiler: 'plugin-babel', babelOptions: { es2015: true }, meta: { '*.css': { loader: 'css' } }, paths: { // paths serve as alias 'npm:': 'node_modules/' }, // map tells the System loader where to look for things map: { '@grapecity/inputman': 'npm:@grapecity/inputman/index.js', '@grapecity/inputman/CSS': 'npm:@grapecity/inputman/CSS', 'css': 'npm:systemjs-plugin-css/css.js', 'plugin-babel': 'npm:systemjs-plugin-babel/plugin-babel.js', 'systemjs-babel-build': 'npm:systemjs-plugin-babel/systemjs-babel-browser.js' }, // packages tells the System loader how to load when no filename and/or no extension packages: { src: { defaultExtension: 'js' }, "node_modules": { defaultExtension: 'js' }, } });